*

肌断食って本当にいいの?母の肌断食の結果と私の肌トラブルの経験談。

スポンサードリンク

肌断食って密かに話題になっていた!

肌断食ってすごい言葉ですねー。

私は本を買って読んだわけではないので
肌断食の方法がいまいち理解しきれていないのですが

洗顔は純石鹸で洗うか湯水のみというものが多く
洗顔後何もつけない。使わない。

メイクUVケアもNG。
唯一つけるのはワセリンのみ。

という内容のものが多いのかなぁと。

非常に興味深いですよね!!
でも・・・。私はやってみたいけど怖くてできないかもしれません。

456a322e1d25b09406e2cab0520adb08_s

母の断食肌生活と若いときの私の肌トラブル

私の母は、若いときから
「あら。顔を洗うの忘れてた!」

こんなことがしょっちゅうだった人で化粧水も
ドラッグストアーで安く手に入る化粧水をたまにつけている程度でした。

メイクも適当で出かけるときに口紅だけ。
ファンデーションはたまに使うけど落としてたかどうかも怪しい。苦笑

でも、安くて大きなクレンジングは家にありました。
きっとたまに使っていたのでしょう。笑

それでも母の肌はハリがあったのでしょうね。

「お母さんお肌きれいねー。」
と人様によく言われたのを覚えています。

そんな母親に育てられた私
肌の手入れなんて一切考えずに育ち・・。

社会人になって職場の方々に
メイクをするのは社会人なら当然と怒られ。笑

一通り化粧品を某有名メーカーで買いそろえたのに
気が付けばお肌ボロボロ。

母には「いろいろつけているから調子悪いのよ!」
と言われ続けていました。

でも、仕事しているとメイクしなきゃいけないし
ちゃんとクレンジングしなきゃいけないし。

ということでそれこそ化粧品ジプシーを何年も続けていました。

そうそう。エステもローンを組んで契約しましたが
肌があっという間に真っ赤になって
しばらく大変な状態になるので途中で行かなくなりました。涙

ボロボロになった肌を救ってくれたのは
たまたま出会った某化粧品メーカーのセールスさん。

肌の状態を見ていろいろアドバイスをしてくれて
化粧品がすでに怖くなっていたのに
みるみるキレイな肌に戻っていきました。

なので、私は基本は化粧品信者なんですね。笑

 

肌断食を60年近く続けた母の肌

サイトでいろいろ調べてみると
肌断食や美肌断食を説明しているものがたくさん出てきます。

ようするに肌にいろんな化粧品を使うことで
肌を甘やかし、肌本来の力を失ってしまう。

これが基本の理論なのだと思います。

それを理屈ではなく感覚で実践していたのが私の母です。笑

ほとんど何も肌につけない生活を続けた母は
60才を過ぎたあたりに突如顔が一気に老けました。

これは加齢から来るものが一番の原因なのでしょうね。

ようするに肌断食は加齢肌からくる
シワやたるみは自然のままに出てしまうということでしょう。

目の周りには皮脂腺が無いという話なので
何も使わなければ若い人でもシワはどんどん出てくるかもしれません。

私の肌の変化をずっと見ていた母は
化粧品を買い続ける私をずっとバカにしていたのに
慌てて化粧品を一気に揃え使い始めました。笑

母は洗顔料や石鹸も使わずに
水で顔を洗っていましたからくすみもひどかったんですね。

あっという間に肌が白くなり
信じられないほど肌にハリが戻りシワも目立ちにくくなりました。

「やっぱりちゃんとやっている人が綺麗なのはこういうことなのねー。」

しばらくは念入りにお手入れを続けていたようですが。。

本質的には化粧品を使いたくない派の母は
「ある程度」を取り戻してからは
しょっちゅう肌の手入れをサボるようになっていたようです。

そして今現在、母がハマっているのが

⇒「肌に浸透させない」美カンヌ化粧品のナイトリッチブルーオーラを使った効果。口コミ

私も、押しつけられるように残りものを渡されて
思っていた以上に肌の状態が良くなっています。

使い始めてかれこれ、10か月くらい?になるかと思いますが
肌断食のことを調べているうちに気が付きました!

ナイトリッチブルーオーラ
肌断食の理論を応用して作られているものだった。
ということなんですよ。笑

肌断食にもプチ肌断食というやり方もあるそうですね。
夜だけ洗顔後に何もつけないとか週末だけ実践するとか。

1日くらいならば怖くないと思いますが
肌断食は副作用に感じてしまう

いわゆる交点反応が多くの人にでるので
その期間を乗り切れるかという不安も多いですよね。

また極端な乾燥肌酷いアトピーの人

皮膚科の先生「肌断食はすすめられない」
という意見の方もおられるようです。

うん。わかる気がします。
確実に、その後良くなるかもしれないとわかっていても
悪化に耐えられる状態ではないと思いますもの。。

肌断食は肌の状態によっては
乗り切るのが難しい人も多いと思います。

私は無意識に夜だけ肌断食のライトバージョン
実践してきちゃったのだと思います。笑

私は他にも最近、気に入って使っているものがあります。
それも追々紹介していきますね。

スポンサードリンク

関連記事

a91b3e2bbb2e9d6b0ed4e5980a1efb95_s

ダイエット効果が高いという「酢」は美肌効果も!「お酢女子」は美人になれる!

お酢の効果ってすごいのね。 お酢はダイエット効果が高い と言われていますよね。 あとは疲労

記事を読む

c3f3471d6eed12e2aebbe73e69bccccd_s

顔のたるみの原因は猫背(姿勢が悪い)もある!猫背を治してリフトアップ!

猫背は老けを加速する! あなたは猫背ではないですか? 冬は特に寒さで体を縮めてしまうので

記事を読む

a0780_000264

便秘解消に、ココアを飲む習慣がおすすめ。ココアのリグニンの効果とは?!

便秘は辛い!便秘解消法を迷うならばまずココア 便秘は辛いですよね。 便秘の自覚がない人も多い

記事を読む

9ed7bcb23741bfbfb0e414f0296fb8f9_s

はちみつでダイエットの効果は?特に寝る前にはちみつが良いらしい。

はちみつの効果って素晴らしい! 私はこの1年くらい はちみつを良く食べるようになりました。

記事を読む

a0001_012482

まつげ(アイメイク)のクレンジングは思いのほか重要! ドライアイやまつげダニの危険。

  まつ毛は女の子にとって必須アイテム! デカ目にする、目ヂカラを作る、かわいい目

記事を読む

5cb6431d99df8c22028755cf6eac5531_s

栄養価が高くて美容にも良いというグラパラリーフ。朧月とどう違うの?

  グラパラリーフという植物をご存知ですか? グラパラリーフはテレビでも紹介が増えてい

記事を読む

266

ぽっこりお腹を解消するには姿勢が大事!猫背の人は要注意。

ぽっこりお腹の原因は姿勢の悪さかも! ・ぽっこりお腹が気になる・・。 ・若いときはスレンダーだっ

記事を読む

106

フラコラのプラセンタつぶ5000の効果は?飲んで5か月の口コミです。

良く見るフラコラのプラセンタをお試しすることに。 フラコラのプラセンタつぶ5000は 良く見かけ

記事を読む

053

ミドリムシの栄養素ってどんだけ?ミドリムシの効果についてまとめてみました。

ミドリムシって食べ物なの?! ミドリムシって子供のころ 「微生物」として習いましたよね。

記事を読む

a0002_008162

おからで便秘解消!!ダイエット効果も高い!家村マリエもマイナス12キロに成功。

おからが店頭から消えている?! おからが今、売り切れ続出なんだそうですね。 ネットニュースを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

suginachaba
スギナのお茶でデトックス♪ケイ素含有の野草ハーブで健康に美容に!!

  スギナは日本のどこでもそのへんであっという間に増え

a0001_012470
急に髪にヨレヨレ、うねうねが増えた!その原因と治す方法とは?

私はもともと髪だけは褒められるので 自慢のロングストレートを大事にし

5965d04bb5a328440bbf39d17dcc83d1_s
主婦湿疹(手湿疹)と思っていたけど、他にも似たような皮膚の病気が!!

もうかれこれ何年悩んできたでしょうか。 手につぶつぶの水泡のようなも

1d063d917e416053291eb778c191265c_m
あごのニキビが治らない!ホルモンバランスかもだけど、もしかしたら胃腸の不調も!

あごのニキビを繰り返す私の場合。。 私は10代ではさほどニキビが出な

rakugekka
生理痛に効くサプリメント。マイケアのめぐりごこち楽・月・花の口コミ

生理痛に効くサプリ 数年前、脚のむくみがとにかく取れず 毎日、体が

→もっと見る

Get Adobe Flash player
PAGE TOP ↑